日本国内でチャンピサージを受講されたセラピストは、実際は2,000名弱と多数の方が学ばれております。

LCICIJAPANでは、3年に一度の「手技の復習と更新」を必須としております。こうして常にチャンピサージの実技練習を行う方だけを「マスターセラピスト」として、「チャンピサージ」という名称を使用できるようになっております。理由としては、データをとり、学会発表を行なっているチャンピサージの技術が正しく様々な場でご活用いただく為に、との思いからの取り組みです。

既にチャンピサージを学んだ方は、全国で「手技の復習と更新」ができますのでお気軽に本部にお問い合わせ下さいませ。

 

セラピスト手技一覧