頭部ケアの専門的な知識と技術をプラスすることで
患者さまへの更なるケアを。
〜伝統と化学の融合〜

 

生命の科学アーユルヴェーダは、現存する伝統医学の中で古い歴史を持ちます。
その中でも頭部に関しては「五感機能が集中」し、「生命維持中枢が存在する」特別な部位と考えられています。
インドで古くから伝わるヘッドマッサージを、Body&Mind&Spiritのバランスを取り、ホリスティックなケアとして体系づけてロンドンから世界に広げた全盲の理学療法士でありマッサージ師であったNarendra Mehta氏により設立された教育機関L.C.I.C.I.のプログラムを、日本の治療師の方の更なる患者様の治療やケアの技術としてご活用いただくことを願っています。

 

 

日本では、医療専門の方々のご指導のもと
安全性と有用性を検証し、積極的に学会発表を行なっています。

 

L.C.I.C.I.JAPAN顧問:上馬塲 和夫
                                医師・医学博士、日本アーユルヴェーダ学会理事長、
                                一般財団法人 東方医療振興財団 理事長、日本東方医学会 会長

 学会発表の一部
日付 テーマ及び概要
2010年10月 第32回日本アーユルヴェーダ学会広島研究総会
◆『インディアンヘッドケアの日本における有用性』
2010年9月 日本統合医療学会徳島大会
◆『歯科医療におけるヘッドケアの効果の検討』
2011年10月 第33回日本アーユルヴェーダ学会発表
◆マルマ療法としてのインディアンヘッドケア
2012年4月 第35回日本アーユルヴェーダ学会
◆頭部ケアによる心身の変化
2013年12月 日本看護科学学会
◆『臥位でのヘッドトリートメントが心理面に及ぼす影響』
京都府立医科大学医学部看護学科との共同研究
平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
(基盤研究(C)24593228)の助成により行われた。
2015年5月 第37回日本アーユルヴェーダ学会
◆介護の職場におけるヘッドタッチケアによる 不安・緊張と疲労感の改善効果 ヘッドタッチによる職場の気分の変化
2015年9月 第25回日本産業衛生学会 産業医・産業看護全国協議会
◆ヘッドタッチケアによるオフィスでの 不安・緊張と疲労感の改善効果
2015年12月 第19回日本統合医療学会 山口大会
◆ヘッドケアによる筋膜リリースの可能性の予備的検討:経絡テストにおける関節可動域の増大

内容:英国資格のヘッドケア「チャンピサージ」を学び英国資格を取得するだけでなく、ヘッドマッサージの世界的パイオニアのスクールとして日本の鍼灸師の為にプログラムされた特別コースです。

※コースは記載日程以外でも開催しております。ご相談ください。

 

受講の流れ

3日間チャンピサージコース
→4日目 某医療大学との共同研究で副交感神経を向上するとして学会発表をしたチャンピサージの臥位(ベッド上)での5分〜10分の実技を行います。セルフのヘッドケア(セルフチャンピ)のアドバイスの方法。
→ケーススタディ→レポート提出→試験 

※4日間続けてが難しい場合は振替が可能です。
※オンラインで理論を2日間行い、実技をスクーリング2日間で行うことも可能です。
試験合格後
1.英国L.C.I.C.I認定ディプロマ(資格証書)の発行。
2.LCICIJAPAN認定 セルフチャンピ(セルフヘッドケア)インストラクター資格取得。

治療師のためのヘッドケアコース一覧

 

 


ページの先頭へ