頭部ケアを中心として、アーユルヴェーダの体質体調に合わせて

五感へのホリスティックなケアのプランを立て実践する専門セラピストの育成プログラム

ヘッドケアリスト®︎養成講座

ヘッドケアリング ヘッドマッサージ LCICIJAPAN

ヘッドケアリング®︎を行う「ヘッドケアリスト」とは?

「ヘッドケアリスト」は、その人らしさを輝かせる

頭部を中心とした体調別に五感からのケアをするホリスティックなセラピープランナーです。

ヘッドケアリスト®養成講座では、

アーユルヴェーダの生命観とアーユルヴェーダの生体エネルギーのバランスをとることをベースに、

椅子とベッドのヘッドケアを中心として、ハーブやアロマ、マルマなど様々な角度からケアを行う

総合的なセラピーである「ヘッドケアリング」を学びます。

目的に合わせた総合的なセラピープランを立てて、実践できるプロフェッショナルを育成するプログラムです。

また、カリキュラムの中にはLCICIJAPANが専門の先生方と検証した内容を学ぶことができます。

*2022年1月から、全ての講座を単発でご受講いただける様になりました。
ただし、「ヘッドケアリスト®︎」の資格を取得するには、全てのカリキュラム(特別講座Ⅰ、Ⅱ以外)をご受講いただき、
レポートを提出していただく必要があります。2021年12月までに受講を始められた方は、それまでの内容は変わらず全てご受講いただけます。

 

ここで学ぶ意味

顧問と監修

ヘッドケアリスト®養成講座は、カリキュラムを国内外の専門家の方々に監修をしていただいております。(参考:https://lcici.com/about-lcicijapan2/

老舗スクール

ロンドンに本部を置くヘッドマッサージの老舗スクール

インドのヘッドマッサージを体系づけて世界に広げた老舗スクールL.C.I.C.I.(London Centre of Indian Champissage International)の創立者Narendra Mehta氏が現LCICIJAPAN代表と日本に作ったスクール。世界中に指導をしてきた実績があります。

エビデンスと学会発表

日本の医療介護福祉の専門家と方々と、ヘッドマッサージのセラピーの安全性と有用性を検証し、学会発表を行っている。ヘッドケアリスト養成講座では、この検証された技術を学ぶことができます。(参考:https://lcici.com/achievement/

 

ヘッドケアリスト養成講座で学べること(カリキュラム・学習内容)

ヘッドケアリスト養成講座で学べること

カリキュラム・学習内容一覧 *それぞれの講座を、単発でご受講可能になりました。

※全てオンラインで行います。実技を選択される方は実技のみスクーリングがあります(東京、神戸、北海道)

※既に学んだ方も、再聴講が出来ます(有料)。

下記の理論講座Ⅰ〜Ⅹは、順序なく単発でご受講が可能です。(各9,000円税別)
理論-Ⅰ ヘッドケアのエビデンスと、その触れ方について
理論-Ⅱ  様々なタイプへのコンサルテーション
理論-Ⅲ アーユルヴェーダの体質体調別のケア 
理論-Ⅳ  ハーブの具体的活用とドーシャ別のハーブの活用方法
理論-Ⅴ  アロマテラピーの活用とドーシャ別のアロマテラピーの活用方法
理論-Ⅵ  マルマとチャクラについて
理論-Ⅶ  セラピストのためのビジネスマネジメント
理論-Ⅷ  ロールプレイング「睡眠のトラブル」に対する具体的なアプローチ
理論-Ⅸ ロールプレイング「怒りっぽい・短気」に対する具体的なアプローチ
理論-Ⅹ ロールプレイング「思考の鈍化・抑うつ気分」に対する具体的なアプローチ 
選択講座 (各講座ごとに受講料が異なります。)
選択理論-Ⅰ チルドレンのヘッドケアリング インストラクターコース
選択理論- ヘッドタッチケア インストラクターコース
選択理論-Ⅳ ペットのヘッドケアリング インストラクターコース
選択理論-Ⅴ スカルプヘッドケアリング(健やかな毛髪のためのナチュラルケア)
選択理論-Ⅵ LCICIJAPAN認定 ヘナインストラクターコース
選択理論-Ⅶ LCICI JAPAN認定 カンサワンドBODYコース
実 技(各50,000円税別)*スクーリングが含まれます。会場は東京、神戸、北海道。
実技-Ⅰ 椅子
実技-Ⅱ ベッド(前面)
実技-Ⅲ ベッド(背面)
特別講座   *チャンピサージを受講された方のみご受講いただけます。
特別講座-Ⅰ 実験をした触れ方(実技3分)
※英国LCICI認定チャンピサージ資格をお持ちの方のみ    

受講料:14000円

特別講座-Ⅱ 実験をした触れ方(実技5〜10分)
※英国LCICI認定チャンピサージ資格をお持ちの方のみ    

受講料:38000円

   
   
   

 

 レポート課題とDiploma(資格証書)

ケーススタディとレポートの提出

  • セラピープラン2例作成
    【2】自分自身もしくは身近な方へのセラピープラン作成&実施
    【3】レポート「【2】を実施した感想」

ヘッドケアリスト養成講座を学習してできること。

1)LCICIJAPAN認定ヘッドケアリストの資格を取得でき、LCICIJAPANホームページに名前を掲載し、

  ヘッドケアリストとして仕事をすることができる。

2)クライアントの状態に合わせて、実技だけでなく、アーユルヴェーダの体調別に、
五感に向けたセラピープランを立てられるので、30分、60分、90分、120分などメニューを自由に構築できる様になる。

3)選択講座で選択した内容の資格を取得できる。

 

実績

ヘッドケアリングの実施例

家庭での身近な人へのケアを前提に、LCICIJAPAN本部では、保健センターでのワークショップ、看護学校や、医療大学の看護学部、公的機関、一般企業等にて、特別プログラムのヘッドケアリングを行ってきました。学校によっては、
学生がヘッドケアリングでレポートを作成し、自分のケアと身近な人のケアに役立てることを学んでいます。

雑誌掲載

「ヘッドケアリング®」と「チャンピサージ®︎」の掲載雑誌

①未病システム学会などの会員の「医療従事者向けの医療ジャーナル」頭をもむと病気が治る LCICIJAPAN

「Mibyou care Journal」2019年6月号。

②『頭をもむと病気が治る!』マキノ出版 

 

 

受講する

LCICIJAPAN本部までご連絡ください。

よくある質問

Q. 実技を選択した場合、スクーリングの日程の相談はできますか?

あらかじめご都合を伺いながら、ご予定に合わせて行なっております。

Q. 遠いのですが東京に行かないとダメですか?

理論と実技はオンラインで学びますので、ご自宅などWi-Fiのある環境であればどこでもご受講いただくことができます。

また、実技は東京、北海道、神戸でスクーリングを行います。

 

受講生の声


ヘッドケアリスト講座を受講し、様々な角度から、
長期的にクライアントさんの生活に寄り添うような視点に気付くことができました。

 

 

どこか機械的になっている現代人に、触れる温もりが全てを取り戻してくれる。10人10色のケアの意味が理解できました。
これまでは夢だった「慈しみを持ってケアする」を、夢で終わらせず実現・実践へ向けて動き出したので参加できて良かったです。

 

 


ケアするってことがここまで奥深いとはと、改めて感じました!
一つ一つもっと丁寧に行なっていこうと意識が変わりました。

 

 

講座の形式も実際に受講してみて、1コマずつ受けることが出来るというのはありがたいですし思っていたよりも受講しやすかったです。
どうしても、仕事と休みの日と丸1日で考えると身動きがとれなくなってしまって、結構慎重に考えなくてはいけなくなってしまうのですが、コマ活用でより良い時間割ができました。

 

 



【障がい、ハンディキャップをもつ方の為のヘッドケアリング®︎
障がい、ハンディキャップをもつ方へのセラピー

L.C.I.C.I. JAPANでは、障がいをもつ方々の就労支援などのプログラムとして「インクルーシブ・ヘッドケアリング」をご用意しております。期間やプログラム内容など、ご相談させていただきながら、ご一緒に作り上げて進めてまいりますので、お気軽にお問合せください。(お問合わせ:info@lcici.com

 

 

▲オンライン(PC・スマートフォン)にて、無料の説明会を随時開催中。 少しでもご興味のある方は、是非!

 

今の目の前の方の為には、どんな自然療法が大切か。

頭を基調とした、10人10色のケアを行うことができる「ヘッドケアリング®」を学びます。

受講後は「ヘッドケアリスト」として、60分や90分などでヘッドケアリングを体感いただきセルフケアアドバイスをすることができます。

 

 

ページの先頭へ