不安を持っている人、心や体の緊張を持つ人をケアする立場の医療・介護従事者の皆様に、さらにご活躍いただけるような頭に特化した特別講座を開催いたします。

医師による東西医学から見た頭部の解剖学が学べ、安全性や有用性を確認し、学会発表をされた内容などを含んだ特別プログラムです。

 日 時 

2017年10月29日(日)10:00~16:30

 受講料 

15,000円 (社団会員は10,000円)

 主 催 

一般社団法人

国際ホリスティック・ヘッドケア協会

 後 援 

  • L.C.I.C.I. JAPAN
  • 日本ヘッドケア研究所付属 自然療法アカデミー


 場 所 

  • かでる2・7 北海道立道民活動センター
    • JR札幌駅南口 徒歩13分
    • 地下鉄 さっぽろ駅(10番出口)徒歩9分
    • 大通駅(2番出口)徒歩11分
      西11丁目駅(4番出口)徒歩11分

     



これからも、全国各地で開催予定です。

  • 2017年12月10日:京都
  • 2017年12月17日:東京
  • 2018年02月11日:博多

プログラム

 午前の部:10:00~12:30 

医師 上馬場和夫先生 による
「統合医療における頭部ケアの重要性」

現代・伝統医学のどちらにおいても「頭部ケア」は五感機能の向上や疾病予防、心理的作用など、幅広く人体に対しての作用が期待できます。

西洋・東洋の双方からみた頭部の解剖学とその重要性、可能性について学びます。

また、頭部のインドのツボ「マルマ」や経穴経絡など概要と、インド式ヘッドケア「チャンピサージ」に関する研究結果により、ヘッドケアが現代の日本でいかに生かされているかをお話します。

上馬場和夫先生プロフィール

  • 医師・医学博士
  • 帝京平成大学ヒューマンケア学部教授
  • NPO法人日本アーユルヴェーダ協会理事長
  • 日本アーユルヴェーダ学会 理事長
  • 一般財団法人東方医療振興財団理事長
  • 日本東方医学会会長
  • 一般社団法人国際ホリスティック・ヘッドケア協会理事

 午後の部:13:30~16:30 

【専門職ごとのヘッドケア実技講座】

看護師・介護従事者のためのヘッドケア

患者さんやご利用者さんの不安や緊張の軽減のほか、スタッフ間のコミュニケーションツールとしてご活用いただける実践方法を学んでいただけます。

鍼灸師・柔道整復師のためのヘッドケア

患者さんの不安や緊張を軽減し、筋肉を緩ませることで治療をより良くするためのツールとしてご活用いただける実践方法を学んでいただけます。

マッサージ師のためのヘッドマッサージ

患者さんの不安や緊張を軽減し、筋肉を緩ませることで治療をより良くするためのツールとしてご活用いただける実践方法を学んでいただけます。

 特典 >>  終了後、受講証明書が発行されます。

お申込みはこちら

 

 

 

 

ページの先頭へ