ヘッドマッサージやドライヘッドスパなどが注目される今、身近な人や自分自身のストレスを解消し、癒しを与えることができる国際基準のセラピーを、世界的リーディングセラピースクールのLCICI JAPANで学びませんか?受講料10%OFFキャンペーン実施中です!英国資格が取得でき、日本では安全性と有用性を確認し、学会発表を積極的に行なっております。世界で初のヘッドケアでのデータも発表しました。北海道から東京、大坂、九州、四国でも全国で勉強できます。

 

もうすぐ秋本番!「勉強の秋」とも言われる季節。
過ごしやすく、勉強のやる気もアップする今こそ
「想い」を形にして人に癒しを与えることができる
アーユルヴェーダの流れを汲んだ
国際基準のセラピーを勉強しませんか?

 

 

ヘッドケアのパイオニアスクールL.C.I.C.の日本校
L.C.I.C.I. JAPAN

インド人の全盲の治療師であり、「インディアンヘッドマッサージ」著者Narendra Mehta氏より、1981年に英国LCICI本部が発足し、「安全で確かな技術」「専門家としての知識」「触れることの素晴らしさ」を伝えるために世界各地に認定校を持ち、最高教育センターとしてヘッドケアを始め様々なホリスティックなケアを「世界基準」で広めています。また、日本においては安全性を確認するために医師の上馬塲和夫先生監修のもと、セラピーの安全性と有用性を専門機関を積極的に検証し、学会発表をしており、安心して学ぶことができます。
家族とのコミュニケーションとしての触れ方から、すぐに仕事に活かす専門知識まで、誰でも学ぶことができるスクールです。組織の詳細は、こちらをご覧ください。

 


L.C.I.C.I. JAPANで学ぶ

スクールの大きな6つの特徴

インド式ヘッドケア英国資格取得講座チャンピサージを中心とした国際基準のセラピーを学ぶ世界的リーディングスクールLCICIJAPANの特徴

 

英国資格発行チャンピサージインディアンヘッドマッサージを中心とした国際基準のセラピーの世界的パイオニアスクールLCICIの代表MosesChundi氏来日記念

 

10月27/28日に英国本部より代表のMoses Chundi氏が特別来日!

L.C.I.C.I.は英国に本部があり、日本を含め全世界に支部を置く
インディアンヘッドマッサージの世界的パイオニアスクールです。
オイルを使用し、ダイナミックなストロークで全身のストレスを緩和し、
至極のリラクゼーションへと導くフルボディトリートメント「アビヤンガ」
と、
特殊なボウルと、その時の体調に合わせたオイルを使用した、
至極の若返りリラクゼーションフェイスケア「Kansa Wand Face」

2クラスを特別講座として開講します。

 

アビヤンガ
(アーユルヴェーダの全身ケア)

体調別に選んだオイルで、全身をケアします。椅子からスタートし、その後はベッド上でケアを行います。アーユルヴェーダの理論を基にした、オイルの全身ケアクラス。

Kansa Wand Face Abhyanga
(特殊なボウルでのオイルフェイスケア)

特殊なボウルと体調に合わせたオイルを使用し行う、「若返り」の英国資格取得フェイシャルコースです。アーユルヴェーダ式オイルフェイスケアの流れを汲み、特殊なボウルとオイルを使うことで特徴的な内容になっております。誰しもが望む、健康的で魅力の溢れる肌を手に入れる理論や技術を学びます。

 

英国に行かずに、英国本部メンバーから学ぶ機会は滅多にないので、
是非この機会をお見逃しなく!

 

 

 

💡9月にお申込みの方限定💡
古代から愛される美と健康のインドハーブ&
日本の伝統を特殊技術で低温ドライした
酵母が生きた酒粕パウダーをプレゼント🎁
詳しい使い方付き

 

 

 

英国資格コース カリキュラム一覧表
<チャンピサージ>
座った状態で「頭部、背中、肩、上腕、首、顔、耳、エネルギーバランス」に働きかけます。オイルや特別な機会などを一切使用せずに行えるため、服を脱がずにいつでもどこでも行えます。凝りをほぐし 血流を良くするだけでなく、波動によるエネルギー全体のバランスを整え、心と身体と意識に働きかけるホリスティックなアーユルヴェーダの流れを汲むセラピーです。

Champissage(4日間コース)
ヘッドケアの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<チャンピサージon The BED>
「インディアンヘッドマッサージ」を世界に広げたナレンドラ・メータ氏のインド式ヘッドケアをベッド上で行うコース。「頭部、背中、肩、上腕、首、顔、耳、エネルギーバランス」に働きかけます。凝りをほぐし 血流を良くするだけでなく、独自のチャクラ エネルギーバランシングによりエネルギー全体のバランスを整え、心と身体と意識に働きかけるホリスティックなアーユルヴェーダの流れを汲むセラピーです。ナレンドラ・メータ氏のヘッドマッサージは海外でも広い分野で導入されています。
チャンピサージontheBED(4日間コース)
チャンピサージontheBEDの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<インド式フェイスケア>
古代インドの伝統に基いたアーユルヴェーダの流れを汲むフェイスケアです。横になった状態で、一切の器具・オイル等を使用せずに行うことができ、心身のバランスをとりストレスを緩和し不安を取り除きます。インドでは古くから健康と美、若返りのために親しまれているフェイスケアです。

インド式フェイスケア(4日間コース)
インド式フェイスケアの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<ムッカアビアンガ>
アーユルヴェーダにおける体調に合ったオイルを用いた、インドのツボ(マルマ)にアプロートをする手法。L.C.I.C.I.ならではのフェイシャルとヘッドケアのテクニックも含み、素晴らしいリラクゼーションを体感し、学ぶことで、アーユルヴェーダ的なケアを学ぶことができます。

ムッカアビヤンガ(4日間コース)
ムッカアビヤンガの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<カンサワンダフェイスアビヤンガ>
特殊なボウルと体調に合わせたオイルを使用し行う、「若返り」の英国資格取得フェイシャルコースです。アーユルヴェーダ式オイルフェイスケアの流れを汲み、特殊なボウルとオイルを使うことで特徴的な内容になっております。誰しもが望む、健康的で魅力の溢れる肌を手に入れる理論や技術を学びます。日本では最先端で、世界でも学べる場所はまだ少ないフェイスケアコースです。

Kansa Wand Face(2日間コース)
Kansa Wand Faceの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<カンサヴァトゥキ・フットケア>
体調に合わせたオイルを用いた、アーユルヴェーダの流れを汲むケア。アーユルヴェーダの流れを汲み、3つの生体エネルギー(ヴァータ、ピッタ、カパ)のバランスを整えるために、金属からできた小さなボウル(Kansa Vatki)と、アーユルヴェーダの体調に合わせたオイルを使用するフットケアです。インドのツボ(マルマ)のポイント、カンサヴァトキ・ムーブメントに重点をおいた足と下肢のケアです。このケアは年齢を問わず、どなたにも楽しんでいただけます。
Kansa Vtki Foot Massage(2日間コース)
カンサヴァトゥキ・フットケアの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<アブドミナルアビヤンガ
(腹部ケア)>

温めた体調別に選んだオイルで、背中と腹部を約40分程ケアします。重要な臓器が集まっている「腹部」は、へその緒を介して私達が初めて母親から栄養をもらう部位です。この大切な腹部のケアをし、温める事で様々なメリットがあると言われています。
アブドミナル(2日間コース)
アブドミナルの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<フルボディアビアンガ>
体調別に選んだオイルで、全身をケアします。椅子からスタートし、その後はベッド上でケアを行います。アーユルヴェーダの理論を基にした、オイルの全身ケアクラス。

アビヤンガ(4日間コース)
アビヤンガの歴史/ロンドン本部、日本本部、一般社団について
/研究・学会発表について(検証)
/有用性
ー禁忌
/オイルについて
/ストレスについて
/解剖学
/チャクラについて
/触れることについて
/実技/仕事の進め方
/セルフケア指導方法/認定指導者として4種のクラスの開催可能
<チャンピサージ・アドバンス>
(1日コース)

【既にチャンピサージon the bedを学ばれた方の為のコース】
この1日コース(実技)のご受講と、実技試験で、英国資格を取得できます。
<チャンピサージontheBED・
アドバンス>(1日コース)

【既にチャンピサージを学ばれた方の為のコース】
この1日コース(実技)のご受講と、実技試験で、英国資格を取得できます。

 

私たちの「体」は肉体(外側)だけでなく、
心や感情、意識(内側)などでできています。
外側だけでなく内側も元気でなければ「体」が健康とは言えません。

私たちの体は、肉体だけでなく、内側(心、感情、潜在意識など)も存在します。体をストレスから解消し、リラックスするためには、肉体だけでなく、内側に目を向けることが大切です。LCICIJAPANでは、肉体だけでなく、私たちの奥深くにある潜在意識にまで働きかける唯一無二の極上・至極・至高のセラピーです。

L.C.I.C.I. JAPANのセラピーは
外側だけでなく内側にも働きかけるセラピーです。

 

 

 

全国のキャンペーン対象認定スクール  講座日程などは各認定スクールにお問い合わせください。

※全国で開催いたしますので、以下に記載がない地域はLCICI JAPAN本部にお問い合わせください。

■LCICI JAPAN本部■
東京都港区赤坂
03-3661-3927
info@lcici.com
■大越 孝郎■
チャンピサージ(椅子)講師
北海道札幌市南区
okoshi51@chic.ocn.ne.jp
■大越 千幸■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED/インド式フェイスケア講師
北海道札幌市南区
okoshi51@chic.ocn.ne.jp
■西内 友理子■
チャンピサージ/カンサヴァトゥキ・フットケア/インド式フェイスケア/チャンピサージontheBED講師
北海道札幌市中央区
lilysflower813@gmail.com
■木野田 秀樹■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED講師
北海道札幌市豊平区
matane@am.wakwak.com
■田口 倫行■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED講師
岩手県北上市
leis.t@vivid.ocn.ne.jp
■大坂 裕子■
チャンピサージ/カンサヴァトゥキ・フットケア講師
宮城県仙台市
pooh-san@yc4.so-net.ne.jp
■柚木 千恵■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED講師
東京都西東京市
c0727m@prakrti27.com
■堀口麻里■
チャンピサージ(椅子)講師
東京都世田谷区奥沢
lifes0215@gmail.com
■ 鷺島 広子■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED講師
東京都世田谷区玉川
info@aroma-ash.com
■川南 亜希■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED/カンサヴァトゥキ・フットケア講師
神奈川県鎌倉市
rainbowbird373@gmail.com
■小林 恵■
チャンピサージ(椅子)講師
静岡県藤枝市
t.o.grace@gmail.com
■石原 真記■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED/カンサヴァトゥキ・フットケア講師
愛知県名古屋市
info@rakushop.co.jp
■野村 真紀■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED講師
奈良県奈良市
asian_spa_fortuna@yahoo.ne.jp
■大和 隆之■
チャンピサージ(椅子)講師
奈良県奈良市
t-yamato@leis-naracity.com
■富岡 光子■
チャンピサージ(椅子)/チャンピサージontheBED/インド式フェイスケア/カンサヴァトゥキ・フットケア講師
兵庫県神戸市中央区
rosemary060915@gmail.com
■河内 かつら■
チャンピサージ/チャンピサージontheBED講師
長崎県西彼杵郡
soasalon@gmail.com

 

 

ページの先頭へ