カンサヴァトキ・フットケア(KVFM)

アーユルヴェーダの流れを汲み、3つの生体エネルギー(ヴァータ、ピッタ、カパ)のバランスを整えるために、金属からできた小さなボウル(Kansa Vatki)と体調に合わせたオイルを使用するフットケアです。
インドのツボ(マルマ)のポイント、カンサヴァトキ・ムーブメントに重点をおいた、足と下肢のケアです。
このケアはどなたにも楽しんでいただけますが、長時間立ちっ放しの方には特に喜ばれます。

※2日間コースで理論と実技を学び、英国資格を取得できます。
※「アーユルヴェーダ式 セルフ フットケア指導者コース」が含まれるため、「アーユルヴェーダ式 セルフ フットケア」の講座を開催することができるようになります。